【STAR WARS スコードロン】VRで体験する命を懸けたドッグファイト【評価と感想】

アクション

2020年10月2日に発売されたSTAR WARS スコードロンをVRでプレイしてみました。

序盤のムービーに出てくるダースベイダー

ストーリー

帝国(左)と新共和国(右)

今作は、映画「ジェダイの帰還」以降を舞台にしています。

プレイヤーは、帝国と新共和国のパイロットとなり

銀河の覇権をかけた戦いに身を投じていきます。

VRでプレイしてみた

今作はVRモードに対応しており、ストーリー、オンライン対戦などのモードでVRを使ったまま

遊ぶことができます。

今回は、VRでストーリーモードをプレイしてみました!

プレイヤーは最初に帝国側からスタートすることになります。

タイファイターと格納庫

格納庫には、映画でおなじみ「タイファイター」がおいてあります。

VRモードではタイファイター回りだけではなく360度すべて詳細につくりこまれており

まるで映画の世界に入ってしまったのかと錯覚するほどです。

タイファイターに乗って戦場に赴くと、新共和国の戦闘機「Xウィング」と戦闘になりました。

タイファイターは視界が悪く非常に戦いずらかったですが、VRモードでは360度どの方向も

向けるので、首を振り索敵しなんとか倒しきりました。

ストーリーを進めていくと続いて新共和国側のストーリーに切り替わります。

新共和国の戦闘機「Xウィング」は視界が広く、戦いやすい印象があります。

前だけではなく360度みることができるのでいいですね。

戦場では、帝国と戦闘になり味方の輸送船を守りながら敵を倒していくことになります。

ストーリーはそのほかにも拠点内でのやり取りもVRで体験できるので、自分が兵士の一人に

なったと思いながらプレイできるのはいいですね。

総評

VRでプレイするスコードロンは酔うと思っていたのですが、そんなことはなく快適にプレイする

ことができたので、その点を心配されている方はあまり気にしなくてもよいかもしれません。

VRでSTAR WARSの世界を体験できるのはこのソフトぐらいなのでSTAR WARS好きにはおすすめしたいです。

コメント

  1. […] […]