【Mini Metro】自分だけの路線図をつくれ!【評価と感想】

シュミレーション

皆さんが毎日、通勤や通学などで使っている電車を管理するゲーム【Mini Metro】です。

普段なにげなく使っている電車も管理する立場で見ると違って見えてくるでしょう。

プレイしてみた

マップ選択

選べるマップには、世界各国の有名な都市を選択できます。

最初は選べるマップ数に制限がありますが、スコアを上げていくごとに開放されていきます。

その都市ごとに特徴が様々なので、飽きないでしょう。

線路を引こう

駅には丸、三角、四角、特殊記号の駅があり、それぞれの駅をつなぐ必要があります。

駅の横に小さい丸などがありますが、これは乗客が行きたい場所を示しています。

駅にいる乗客が満員になるとゲームオーバーになるので気を付けて線路を引いていきましょう。

右下のマークはトンネルの所持数です。

トンネル一つで川を渡る線路を一つ引くことができます。

数に限りがあるので考えて引きます。

追加アイテム

週が明けると追加のアイテムをもらうことができます。

アイテムには様々な種類があるので紹介したいと思います。

  • 先頭車両/市街電車 線路に車両を一台追加できます。置くときに進路方向を選択できます。
  • 後続車両 先頭車両の後ろに追加で車両を追加できます。定員は先頭車両と同じです。
  • 路線 線路を新しく追加できます。
  • トンネル 川を渡るのに必要になります。

乗換駅

通常の駅より一回り大きくなります。

駅に入れる定員数も増え、乗換スピードもあがるので線路が多く交わる場所に設置したいです。

何週か進めていくと線路が複雑になって管理が難しくなっていきます。

ここで一度線路を整理してみてもいいかもしれません。

線路は引き直すことも可能なので待っている乗客の数が多い駅は線路を多く引いたり、逆に少なかったら少なくするなど線路を引きなおしてみましょう。

また、線路も増やせるので、線路を増やしていく方針でも十分ありです。

駅の定員が一定以上に達してしまうとゲームオーバーになってしまいます。

ゲームオーバーにならないように線路を管理していきましょう。

steamワークショップには有志の方々が作ってくださったオリジナルマップもあります。

サブスクライブして遊んでみては?

ゲーム内には東京はないので、やってみたいですね!

感想

線路を引くだけのシンプルなゲームに見えますが、どのように線路を引けば効率よく運搬できるかを考えないとすぐにゲームオーバーになってしまいます。

また、駅の出現位置や種類も毎回ランダムなので何回も挑戦できます。

自分だけの鉄道路線を引いてみてみよう!

Mini Metroはsteamにて販売中です。

ではまたよいゲームライフを

コメント