【Valheim】サーバー作成方法と接続方法を解説

その他

Steamで同時接続者数34万人を記録した『Valheim』を友人とプレイするため方法を解説したいと思います。

Youtubeに解説動画を上げましたので、合わせてみてもらうとわかりやすいと思います。

Valheim個人サーバーの作成

サーバーの作成方法については、公式があげていますのでそちらをご覧ください。

Steam Community :: Guide :: Setting up a dedicated server (0.143.5)
This guide will help you setting up a dedicated server....

公式は英語なのでアレルギーの方向けに下記にやりかたを記しておきます。

Windowsのやり方になります。

SteamCMDのダウンロードとインストール

SteamCMDをサイトからダウンロードしましょう。

SteamCMDダウンロードサイト

ダウンロードしたSteamCMD.zipを解凍しましょう。

解凍したらSteamCMDファイルをHDD(C)におきます。

中にあるSteamCMD.exeを起動しましょう。

コマンドプロンプトが開きますので、ダウンロードが終わるまで待機します。

SteamCMD内にファイルがダウンロードされます。

ポート番号2456-2458を開放しましょう(TCP/UDP)

[Windows]キー+[Pause]キーを同時に押して、「システム」を開きます。

左上のコントロールパネルホームをクリックして、コントロールパネルを開きます。

システムのセキュリティ→Windowsファイアーウォール→詳細設定をクリック

受信規則、送信規則を選択します。

操作タブから新規作成します。

ポートの規則を作成します。

TCP/UDPを選択し、ポート番号は2456-2458を入力します。

接続を許可するにチェックを入れます。

ドメイン、プライベート、パブリックについては自分のパソコンの設定と相談してください。

(基本的にはパブリックだけでいいです)

名前を入力します。わかりやすい名前にするとよいでしょう。(ValheimTCPなど)

受信規則、送信規則両方とも設定できたらファイアウォールでのポート開放は完了です。

次にルーターのポート開放をします。

自分の場合は192.168.1.1から設定できました。

ルーターのポート開放はメーカーによって内容が異なるので、手持ちのルーターのポート開放方法を検索して開けてください。

開けるポート番号は一緒です。

無線LANを使用している場合は無線LANのポート開放も必要です。

IPアドレスの固定方法

[Windows]キー+[R]キーを同時に押して、ファイル名を指定して実行をだします。

ダイアログに「cmd」と入力してコマンドプロンプトを出します。

OKを押すと起動します。

起動したコマンドプロンプトに「ipconfig」と打ち込みます。

IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイの値をメモしておきます。

IPアドレスを固定していない場合は他にも情報がのっています

[Windows]キー+[Pause]キーを同時に押して、「システム」を開きます。

左上のコントロールパネルホームをクリックして、コントロールパネルを開きます。

ネットワークの状態とタスクの表示→イーサネット→プロパティ

インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)を選択し、プロパティ

先ほどメモしたIPアドレス、サブネットマスク(自動入力されます)、デフォルトゲートウェイを入力します。

DNSサーバーは別で調べてください。(申し訳ない)

自分の場合は優先DNSサーバーが8.8.8.8、代替DNSサーバーが8.8.4.4です。

OKを押すとIPアドレスが固定できます。

ネットワークに接続できない状態になってしまったら、IPアドレス、DNSサーバーを自動取得にしてOKを押しましょう。

サーバーファイルフォルダ作成

任意の場所にValheimServerのフォルダを作成します。

batファイルの作成

先ほど作成したフォルダの中にbatファイルを置く作業をします。

ファイル内で新規テキストファイル作成を行います。

Windowsのメモ帳がいいです。

C:\steamcmd\steamcmd +login anonymous +force_install_dir D:\ValheimServer +app_update 896660 validate +exit

と入力します。

つくったファイルをupdate.batなどの名前を入力し保存します。

batファイルを起動するとファイルデータがダウンロードされます。

追記:バージョンが違う場合はこのupdata.batを起動することによってサーバーをアップデートすることができます。

サーバーの設定

ダウンロードされたファイルはc直下にできます。

ダウンロードされたファイルの中に、start_headless_serverというファイルがあります。

先にコピーして別で保存しておくとよいでしょう。

start_headless_serverを編集します。

@echo off
set SteamAppId=892970

REM Tip: Make a local copy of this script to avoid it being overwritten by steam.
REM NOTE: Minimum password length is 5 characters & Password cant be in the server name.
REM NOTE: You need to make sure the ports 2456-2458 is being forwarded to your server through your local router & firewall.
start valheim_server -nographics -batchmode -name “My server” -port 2456 -world “Dedicated” -password “secret” -public 1

echo Server started
echo.
echo Press ANY KEY to stop server
pause > nul
echo 1 > server_exit.drp

echo Server exit signal set
echo You can now close this terminal

赤マーカー部分を変更します。

  • My server(サーバー名)
  • 検索するときに表示される名前です。
  • Dedicated(ワールド名)
  • ゲームスタートのワールド名です。
  • secret(パスワード)
  • 6文字以上のパスワードにしましょう。数字のみでもOK

以上を変更し保存します。

ログイン方法

まずstart_headless_serverを起動しましょう。

起動しないと入れません。

Steamクライアントを起動し、画面左上の表示タブからサーバーを選択します。

右下のサーバーを追加をクリックします。

入力するIPアドレスは自分で接続する場合と他ユーザーの接続で違うので分けて説明します。

自分で接続する場合

ゲームを起動します。

サーバーの追加にIPアドレスを入力します。

サーバのIPアドレス、ポート番号は2457

IPアドレスの後に「:」を半角で入力し、ポート番号を入力して追加します。

例:127.0.0.1:2457

このアドレスをお気に入りに追加を押します。

左下の更新を押します。

出てきたサーバーをダブルクリックします。

パスワードを入力します。

キャラクターの選択画面になるのでゲームスタートを押します。

再度パスワードを入れることで入ることができました。

他ユーザーが接続する場合

ゲームを起動します。

サーバーの追加画面でグローバルIPとポート番号を入れます。

グローバルIPはこちらから確認できます。

サーバのグローバルIP、ポート番号は2457

IPアドレスの後に「:」を半角で入力し、ポート番号を入力して追加します。

例グローバルIP:2457

このアドレスをお気に入りに追加を押します。

左下の更新を押します。

出てきたサーバーをダブルクリックします。

パスワードを入力します。

キャラクターの選択画面になるのでゲームスタートを押します。

再度パスワードを入ます。

パスワード入力後に、バージョンが異なりますと出る場合はサーバーのデータが古いのでアップデートしましょう。

追記:この方法で入れない場合はゲーム内からグローバルIPとポート番号を入力してみてください。

サーバー名で検索もできます。

最後に

サーバーの作成はある程度の知識がないと危険なので気をつけましょう。

ポート開放についてはあげた番号以外は開けないようにするとかね

プレイレポートを上げたのでよかったら見てみてください。

コメント

  1. […] […]